今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 紀暁嵐故居

紀暁嵐故居

中国語表記:纪晓岚故居   

住所:北京市西城区珠市口西大通り241号   

最終更新日時:2018-06-20 16:29:34

北京は中国の首都として、そして悠久な歴史を持つ大都市でもあり、そこで暮らしていた歴史に名を残した名人も数多くいることは想像できるだろう。そこで、外国人の皆さんは馴染みがないが、中国人では誰も知る名人を紹介しよう。名人たちのことがすこしわかった上で、その名人たちがかつて住んでいた家を巡ろう。

「紀暁嵐故居」は北京市の珠市口西大街241号に位置し、「市級文物保護単位」にも指定されている。元々は岳飛の二十一代目の子孫、雍正時代の権臣、兵部尚書陝甘総督・岳鐘琪の家であったと言われている。紀暁嵐はここで11歳から39歳、48歳から82歳の合計62年間を過ごしていた。

1805年、紀暁嵐が亡くなった後、珠巢街にも家を持つ子孫たちはこの屋敷を「貸すと言う名目」で黄安涛に譲り、それから何度も家主を変え、1958年10月1月に晋陽飯庄がここで開業してからは移り変わることがなくなった。

アクセス