今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 751D・パーク

751D・パーク

中国語表記:751D·PARK北京时尚设计广场   

住所:北京市朝陽区酒仙橋路4号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-07-19 10:23:00

ある日、たまたまテレビを付けたらそこに流れていた番組を見て、すごく印象に残ります。それはとあるリサイクルー工場でのロケで、今はその会社の大事な商売ともなったのは場所の貸し出しでした。雑に積まれている廃棄物はコスプレのときに絶好な背景となり、写真を加工しなくてもインパクトの強い一枚が撮れます。そこで、北京にもきっとコスプレヤーにうれしい場所があるのは思い出しました、それが今回紹介したい「751Dパーク」です。

「751Dパーク」、中国語表記は「北京时尚设计广场」または「751D·park北京时尚设计广场」、もともとは七十年代北京の三大ガス会社の一つで、その後段々歴史の舞台から降りて、廃棄工場となりました。名前に「751」が付いているのも工場の番号で、しかしここは取り壊されなく、2003年工場が正式に閉まったから、作業スペースと各種の機械や設備はちゃんと手入れされ、保存しました。今はアートゾンに変身し、その独特な雰囲気が人気で多くの観光客もわざわざ足を運び、ここで見学しに来ます。

もちろん、プロのコスプレヤーじゃなくても、普通の人でも簡単に迫力満載でインスタ映えをする一枚が撮れます。デザイナーの最新作品を発表する場所のひとつとして、最新の中国アート作品展もよくここで開催され、個展巡るが好きな方でも楽します。夜になると雰囲気は一気に変わり、大きく高く聳える煙突と輝く照明が奇妙な空間を作り出し、近未来をテーマにした映画に出演するような気分も味わえます。

北京の定番観光コースから外れましたが、もう一つの側面から北京という街を感じるのも悪くないでしょう。きっといい思い出になるはず、興味のある方はぜひ行って見て下さい。

 

アクセス