今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 恭王府

恭王府

中国語表記:恭王府   

住所:北京市西城区前海西街17号   

公式サイト:http://www.pgm.org.cn/   

最終更新日時:2018-07-27 11:06:03

恭王府は乾隆の時代の1776年に「大学士」であった和珅氏のために建てられた邸宅で、230年以上の歴史を持っている。嘉慶4年の時に和珅氏が逮捕されたことでこの邸宅も没収されてしまった。その後、東と西の二つの部分に分けられて、西の部分は嘉慶皇帝の弟であった慶親王の永璘に賜られて、東の部分は十人目のお姫様に残された。元年、鹹豊皇帝はその邸宅を全て、恭親王の奕訢に賜ったことがきっかけで、「恭王府」という名前になり、今でもこのように呼ばれている。

 
北京では数十軒の王府があるが、壊されたものもあり、あるいはほかの用途にされたものもある。元々の風貌で残されて、開放している王府は「恭王府」の一軒だけである。満州国の皇居であったこの庭園は邸宅とガーデンの二つの部分からなっている。邸宅内の構造ははっきりとしており、建物は東、中、西の三つの部分に分けられている。南から北に向かって中軸線が貫いている四合院がいくつかあり、全部で三列ある。これらの部屋の中には、皇族の威厳を示している部屋もいくつかあるが、民間の手によって作られた精巧な建物と飾りのスタイルを有した部屋もみられる。それが王府の文化における最も顕著な特徴となっている。
 
ガーデンは江南庭園と北方の建物の構造を融合したものであり、西洋建築と中国の古典庭園を融合させてひとつの庭園にしたものである。恭王府は満州国時代の王府の建物の代表的なものの一つであり、中国の伝統的な建物や庭園芸術が最も成熟していた時期をこれらのものが示している。有名な学者である侯仁之氏は「一軒の恭王府、半分の清時代」という言葉を残しているほど、歴史的価値を恭王府は有している。

アクセス