今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 銀錠橋

銀錠橋

中国語表記:银淀桥   

住所:北京市西城区煙袋斜街甲75号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-07-27 14:44:31

清朝乾隆帝の時代に、乾隆帝は民間に出かけた時に、この川を渡ろうとしていたが、なかなか渡れなかったため、和珅が役人に皇居に銀を取って川に敷きなさいという命令を下した。銀を川に敷いてから乾隆帝が川を渡ったため、この橋は銀錠橋と呼ばれるようになったそうです。

もう一つの説では、昔この橋は馬蹄銀を逆さまにしたような形をしていたから、銀錠橋と名付けられたとも言われています。その後、橋は破壊され、修築した際に橋を長く、広くしました。こうして、銀錠橋は馬蹄銀とは似ていませんが、依然として清雅な感じがします。白い橋には有名な歴史学者である単士元氏が書いた「銀錠橋」という緑色の楷書の三文字が刻まれています。
 
橋の両端に立つと、北京西山の美しい景色を満喫することができますので、ここでの景色は「銀錠観山」と呼ばれています。長安客話によりますと、什刹海は天下一の名所とされたほか、有名な『帝京景物略』には、什刹海の美しい景色を春の西湖、夏の秦淮、秋の洞庭に喩えられています。
 

アクセス