今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 宋慶齢故居

宋慶齢故居

中国語表記:宋庆龄故居   

住所:北京市西城区後海北沿いの46号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-07-27 14:46:25

元々「宋慶齢故居」は醇親王府裏庭の一部でした。宋慶齢は1963年に故居に引越しました。1981年5月29日に、宋慶齢が亡くなり、1983年から1985年にわたって宋慶齢故居を宋慶齢記念館に改築されました。宋慶齢故居は全国重点文化財保護機関です。

宋慶齢氏は共産党中央政府の誘いに応じて、上海から北京を訪れ、中国人民政治協商会議に参加したことをきっかけに、北京に定住するようになりました。1962年に、周恩来総理は党と中央政府の委託を受けて、自ら計画し、王府裏庭のスペースを利用し、建築家である梁思成の設計で、主体建築物の西側に2階立ての中国風と洋風を融合させた建物を建築しました。宋慶齢氏はそこで18年間も暮らしていました。


  宋慶齢故居には有名な観光スポットが多くありますが、最も追憶する価値があるのは西庭2階にある中国の伝統的な建物です。なぜなら、そこでは宋慶齢氏と孫中山氏夫婦の写真が見ることができるからです。現在、多くの人々が宋慶齢氏を尊敬し、追憶するのは、宋慶齢氏の人格的な魅力と愛国心に感心しているからだと考えられます。また、宋慶齢氏は国民全体の国母だと思われています。
 

アクセス