今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 北京オリンピック公園

北京オリンピック公園

中国語表記:北京奥林匹克公园   

住所:北京市朝阳区北辰路に位置する   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-07-27 14:53:39

北京市朝陽区にある北京オリンピック公園は、北京市の中軸線の北端に位置し、北の清河の南岸から南の北土城路まで、東の安立路と北辰東路から西の林翠路と北辰西路までの地域を占めています。

オリンピック公園は、2008年に開催された北京オリンピックと北京パラリンピックの会場となった総合運動公園で、全体の44%の施設が公園に集中しています。北京オリンピック公園はこれまでのオリンピック会場最大の規模を誇り、総面積は11.59平方キロメートルあります。施設はオリンピック森林公園、スポーツ施設、国家オリンピックスポーツセンター3つの部分に分かれています。

北京市は中華文化を集中的に体現しています。北京オリンピック公園は北京市の伝統的な中軸線の延長で、ある意味では中国千年の歴史文化の続きとも言え、環境保護、科学技術、人文三つの理念を表します。オリンピック会場と各施設の設備をも保有するため、この公園は、スポーツ競技、会議、エンターテイメント、ショッピングの機能を全て備えた北京最大の公園だと言えます。広い空間、草地、美しい環境で市民の方々の公共活動において多くのサービスを提供できる中心地となっています。
 
オリンピック公園は、全世界に向けて独特の文化景観を発信しており、南北を縦断する龍型の水設備、数多くの彫刻品、丁寧にデザインされた花模様、照明柱などが見られます。地下9メートルに位置する公園は、古代中国の宮殿、城門などの伝統的要素と現代建築と組み合わせており、古代と現代を融合させた時空間を作り出しています。
 
ガイド機の電子地図をご利用いただけます。地図上の黄色い線は、観光バスのルート、紫色の線は歩行ルートを示し、解説がある場所には赤色のライトがついています。赤色のライトが点滅すると、音声案内がご利用できます。音量調整ボタンは側面にあります。何かご不明点がありましたら、電話にてご対応をもらえます。旅行中はガイド機を大切に保管してください、終了後はガイド機を返してください。機械の説明は以上です。ヘッドホンは常に外さないでください。ツアーの途中でガイド機が自動的にオンになり、そのままご案内します。
 

アクセス