今の位置:一覧 > スポット >  北京市 > オリンピック森林公園

オリンピック森林公園

中国語表記:奥林匹克森林公园   

住所:北京市朝阳区科荟路33号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-07-27 15:04:21

オリンピック森林公園は北京の中軸線の北端に位置します。敷地面積は約680ヘクタールで、すべて人工で造られました。五輪開催中は多くの選手がくつろいでいたが、五輪後は北京最大の市民公園になりました。CO2削減技術を利用した総合型超大型都市公園です。

 
オリンピック森林公園は南北に分かれています。南側の公園は面積380ヘクタールで、山水の景観が主体です。北側の公園面積は約300ヘクタールあります。北側は多少起伏があり、小規模な谷や川、野趣に富んだ密林が主体です。湖を埋め積み上げてできた主峰「仰山」は500万立方メートルの土で積み上げられで、海抜が約48メートルです。
 
仰山と影山公園の景山は1本の中軸線上で南北に呼応し合っています。同時に遠くにある燕山山脉も呼応しあっています。今皆様のお目に映る一面の水面は「奥海」と呼ばれる人工湖です。公園の龍型水系は「奥海」と人工的に作られた湿地や川からなっています。「龍」は中国の神話生物で、至高の神聖トーテムです。龍はいつも水と繋がっているとされています。水系のデザインはオリンピック森林公園に棲んでいるかのようです。「龍」の口は清河に向き、尾は国家体育場を囲んでいるようです。青緑の湖、黄緑の草、深緑の森林、生態環境と自然植物がそれぞれ調和し、市民の憩いに最適な場所となっています。

アクセス