今の位置:一覧 > スポット >  北京市/昌平区 > 十三陵

十三陵

中国語表記:十三陵   

住所:北京市昌平区の天寿山の麓   

公式サイト:http://www.mingtombs.com/   

最終更新日時:2018-07-31 10:43:30

北京市昌平区の天寿山の麓に位置する明の十三陵は明の十三人の皇帝の陵墓群です。東、西、北三方を山に囲まれ、南に龍山、虎山が向かい合い、温楡川がそのうちを流れています。本当に素晴らしい地理環境に恵まれていると言えます。明の十三陵の建設は、1409年永楽帝の「長陵」から、1644年崇祯帝の「思陵」まで、235年間にわたってついに80平方メートルの陵墓群を形成させました。

十三陵には皇帝と皇后の合葬墓が13基、妃の墓が7基、宦官の墓が1基あります。そのほか、「九龍池」「聖跡亭」「仙人洞」など名所旧跡もあります。明の時代、十三陵は厳重に警備されたところです。陵園の正門としての南にある大宮門の左右には、それぞれ石碑が聳え、その上には、「役人らはここに至りて下馬せよ」という楷書が刻まれています。重要な祭りを行う場合、大臣や皇帝までもここで馬やかごから降りて、陵まで歩きます。その時、敵軍を防ぐため、陵園の周りに城壁が建てられるし、軍隊が昼はもちろん夜も休まずパトロールしていました。今、公開するスポットは「長陵」「定陵」「昭陵」と「神路」といった四ヶ所です。
 

アクセス