今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 万寿山

万寿山

中国語表記:万寿山   

住所:北京市海淀区新建宮門路19号にある   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-02 15:11:17

万寿山は燕山の分支であり、高さ58.59メートル、標高108.94メートルで、昆明湖に面している。清初、ここは宮廷の馬の飼育場とされたことがある。乾隆十五年になると、皇太後(皇帝の母)六十歳の誕生日を祝うため、園静寺の旧址で大報恩延寿寺を立てることとなった。翌年、その山も万寿山に改称することになり、昆明湖開発用の土を以前の分布により山に積め、東坂と西坂を穏やかで対称的にし、全園の主体と変えた。建築群は山に沿って作られ、現存のものは英仏連合軍に破壊された後、慈禧太后の命を奉じて建て直したものである。

 
今の万寿山は、元の時代に瓮山と呼ばれていた。伝説によると、ある老人がその山に宝物満載の石瓮を掘り出したことから名付けられたという。山の前には瓮山泊と呼ぶ湖がある。万寿山は広大な建築を持ち、漢白玉造の釣り台は湖の中心へ延び、元の皇帝はよくここで小船に乗ったり、釣ったりしていた。

アクセス