今の位置:一覧 > スポット >  北京市/房山区 > 水峪村

水峪村

中国語表記:水峪村   

住所:北京市房山区南窖郷   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-07 15:46:00

「水峪村」は明と清の時代に山に寄り添って建てられ、建物は独特な北方の山村四合院民居スタイルです。特に貴重なのは、村には今も600室、100軒以上の明・清時代の四合院民居が村の東側の緩やかな坂に残っており、比較的完全に保存されていることだと思われます。

円形の水峪村はアルファベットの「S」のごとく曲がりくねった青石古道に跨られて、南北方向で山に寄り添って建てられており、独特な建築スタイルを形成しています。そして、その中で代表的な建物だと言うと、「楊家大院」などが挙げられます。ほかには、水峪村は128あまりの「石臼(古代で穀物をひき砕くまた皮除きのために石と木などの材料で作った器具)」もあるから、上海大世界ギネスより「石臼コレクション世界一」と認定されました。その中における最も古い石臼は清・道光年代のものだが、今も人々に使われています。
 

アクセス