今の位置:一覧 > スポット >  北京市/東城区 > 正陽門

正陽門

中国語表記:正阳门   

住所:北京市東城区天安門広場の最南端   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-08 10:38:20

500年あまりの歴史を持つ「正陽門」の俗称は「前門」で、元の名前は麗正門です。北京城内城の正南方向で、天安門広場の南縁・前門大街の北端にあり、北京城の南北中軸線に位置されます。現在の正陽門には城楼と箭楼がまだ残っています。

 
正陽門は煉瓦作りの城台に城楼を建てられ、3047平方メートルの敷地面積を誇り、城台の高さが13.2メートルで、南北方向には高さ1.2メートルのパラペットがあります。
 
城台の真ん中に小さい門があり、またその門に、「千斤闸(鉄の皮に囲まれてる門の表面は全部鉄釘を打ち付けられる)」が設けられます。城楼は二階建てで、城楼の楼上と楼下とも四面に門があって、横向きでは七間(41メートル)で、縦向きでは三間(21メートル)です。上下には全て回廊があります。また、楼の幅は36.7メートルで、奥行は16.5メートル、高さは27.3メートルです。城楼全体の高さは42メートルで、北京全ての城門の中で最も高くて大きいだと思われます。そのほか、正陽門城楼の南に箭楼が設けられ、その箭楼形式は比較的に特別で、ずっと老北京の象徴と見られています。
 

アクセス