今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 中国科学技術館

中国科学技術館

中国語表記:中国科学技术馆   

住所:中国北京市の朝阳区北辰東の町   

公式サイト:http://cstm.cdstm.cn/   

最終更新日時:2018-08-15 15:07:53

中国科学技術館は中国唯一の国家級総合科学技術館です。大型科学技術を普及するための情報施設であり、海外の観光客は特に必見の観光スポットです。

 
中国科学技術館は1998年にオープンした参加体験型の科学技術館です。オリンピック公園内に位置しています。国力の大幅な上昇と、科学技術の普及の重視を背景として作られました。新館は2009年9月16日に一般開放が始まりました。主な展覧として、生命と環境、音響学光学と情報技術、エネルギーと交通、材料と製造技術、など違った分野における展覧品が500あまりあり、中国の古代の科学技術などの内容も400あまり紹介しています。2008年の北京オリンピック期間、新館は「奇迹天工」というテーマの古代中国の発明を展覧する会場として現れ、世界を驚かせ、一躍話題となりました。中国科学技術館もオリンピック精神と結びついて、「グリーン五輪、科学五輪、人文五輪」との三つの重要理念を具体的に示しています。
 
中国科学技術館新館はその位置に恵まれています、東側は奥運居住区に位置して、南側には体育運動場が位置しています。北側にはオリンピック森林公園が、西側に水泳運動場があります。中国科学技術館の占有面積は4.8万平方メートル、建築規模は10.2万平方メートルで、「グリーン五輪、科学五輪、人文五輪」の重要要素を示す重要な部分です。中国科学技術館の建築は魯班鎖になっており、科学の紐解きを象徴しています。また、中国伝統文化は全体と部分の関係を重視しているという特徴を持つということや、科学には絶対的な境界線や限界は存在せず、各分野が相互に溶け合ってともに前進していくことをほのめかしています。

アクセス