今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 国家会議センター

国家会議センター

中国語表記:国家会议中心   

住所:北京市朝陽区北辰東の町15番   

公式サイト:http://www.cnccchina.com/   

最終更新日時:2018-08-09 13:30:58

北京国家会議センターは、オリンピックパークの敷地内にあります。建築面積は、2008年オリンピック大会の各工程のなかで最も大きなうちの1つでもある、53.4万平方メートル。簡素な外観とモダンな雰囲気はまるで世界を結びつける橋のようであり、他のオリンピック施設と相まって、国際交流を促進しています。

 
こちらは、2008年のパラリンピック開催時に各国のメディアセンターとして使用されました。またフェンシングの会場としても使われました。メディア関係者の宿泊先にもなっており、合わせて16000名のラジオ・テレビ放送局記者と6500名カメラマンがここで泊まりました。
 
オリンピック終了後は、一部で改築工事が行われ、展示会、コンベンション、レストラン、オフィス、さまざまなイベントの要求を満たすことができます。
 
国家会議センター主体部分のデザインには中国の伝統建築「軒」と「拱橋」を取り入れました。正面から見ると、建築の屋上の四角はやや上に曲がっていることに気づきます。これが中国伝統建築の軒に似ています。そして、下の方は拱橋のような弧線です。美しいだけでなく、雨水の再利用にも効果的です。
 
2008年以降、世界一流の国家会議センターとして再オープンすることになりました。ゴミ回収システムや自然の空気を取り入れるシステム、屋上の雨水を収集する設備、最新の建築技術を取り入れることで、中国におけるグリーン施設の模範的存在になっています。お客様により便利、より安全なサービスを提供します。
 
国家会議センターには、大小さまざまな100の会議室があり、会議に使われる施設は基本的に揃っています。最大の会議室は6400平方メートルあり、6000人の収容が可能です。その他、宴会ホールは4860平方メートルあり、3000人の収容が可能になっています。国内一、アジア一、世界を率先する総合的な施設として、世界各地からいらっしゃる来賓の方々をおもてなしします。
 

アクセス