今の位置:一覧 > スポット >  北京市/東城区 > 妙応寺

妙応寺

中国語表記:妙应寺   

住所:北京市阜城門内大街路   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-09 15:51:16

阜成門駅で降り、阜外大街から東に進むと、妙応白塔が見えてくる。これは元大都がいまでも残っている印である。妙応寺は今から700年ほどさかのぼる元の至元8年(1271年)に建てられ、全国重点文物保護単位である。

 
妙応寺白塔は元寺塔古建築であり、南北の中軸線には順に山門、鐘鼓楼、天王殿、三世仏殿、七仏宝殿と塔院が経っている。その内塔院の四隅に角亭があり、院内の白塔は寺と同年に建てられ、高さ51mのチベット式の仏塔であり、台座、塔身、相輪、華蓋と塔刹でできている。仏舎利塔は直径18.4m、中国国内で現存する最古最大のチベット式の仏塔である。

アクセス