今の位置:一覧 > スポット >  北京市/房山区 > 聖蓮山

聖蓮山

中国語表記:圣莲山   

住所:北京市房山区の史家営郷にある   

公式サイト:http://www.bjsls.com.cn/   

最終更新日時:2018-08-09 16:58:14

聖蓮山」は北京市・房山区の史家営郷に位置する人気の観光スポットで、北京市の中心部からは90キロ、房山区の良郷から60キロ離れたところにあります。緑に染まった峰々が延々と続く聖蓮山。また蓮花山、太山とも呼ばれ、かつて摩訶祖師もここで修業し、米を食し、泉の水を飲み、仙人になったという言い伝えが残されているから、早くも明の時代に「京畿八景」の一つとしてたたえられています。

 
「聖蓮山」は緑に染まり、山々が延々と続き、拱揖するような形をしています。その上、不思議な水と米があるほか、珍しい地質景観もあり、「北京第一奇山」までと褒め称えられています。
 
山は年中北京都市圏より3~7度低く、仏教も道教の建物が見られ、多くの中国の歴史有名人も次から次へとここで別荘を建てました。
 
現在の「聖蓮山」は道教の活動場所となり、高さ57メートルの老子の像、観拜台、真武観、逍遥谷、道教養成館などが建てられ、人文的な風景と自然風景が一体にした旅行、観光名所となりました。

アクセス