今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 先農壇

先農壇

中国語表記:先农坛   

住所:北京市宣武区東経通り21号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-10 14:24:52

「山川壇」とも称される「先農壇」は、明の永楽18年(1420年)に創建されて、明・清時代の皇帝が山川、神農などの諸神を祭る重要な場所でもあり、皇室より城南に設置された最初且つ唯一の皇室御園です。先農壇は内壇と外壇から構成され、南北全長がほぼ天壇に等しいが、東西幅が僅か天壇の三割で、総面積が約86万平方メートルに達します。

 
もともとは広い壇ですが、壇内には天神壇、地祗壇、先農壇、太歳壇、観耕台、具服殿、神倉などの重要な建築が設置されたうえに、種々の古樹・名木・花草にも囲まれているので、静かで青々と茂った環境を構築しました。先農壇全体は内塀と外塀の二重の塀に囲まれ、上から見ると「北圓南方(北は丸く南は四角い)」の形となりました。壇内の建築は先農壇、天神地祗壇と太歳殿の三部分に分けられています。

アクセス