今の位置:一覧 > スポット >  北京市/東城区 > 鼓楼

鼓楼

中国語表記:鼓楼   

住所:北京市東城区地安門外大街の北端   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-10 14:46:30

鼓楼は北京中軸線地安門外大街の北端に位置されて、古代では時間を示す建物です。その裏面は北向き、正面は南向きで、高さ約46.7メートル、東西長さ約56メートル、南北幅約33メートルで、重檐三滴水木造構造楼閣の建築です。元代の時、鼓楼は斉政楼と称し、大都の中心ー明清鼓楼の西、つまり今日の旧鼓楼大街の南口に建てられたが、明朝永楽十八年、北京を建設する際、鐘鼓楼を新たに作りました。

 
清順治十一年、鐘鼓楼が火災で焼かれ破壊され、乾隆の時また再建されたが、八国連軍が北京を侵入する際、二つの楼は再び破壊されました。そして、民国時期に鐘鼓楼が一般公開され、民国十三年に明恥楼に改名され、1957年に二つの楼は北京市市級文化財保護対象に指定され、1984年に再度修繕されました。1987年と1988年に二つの楼は相次いて公開され、その後全国重要文化財保護対象に指定されました。
 

アクセス