今の位置:一覧 > スポット >  北京市/東城区 > 全聚徳北京ダック博物館

全聚徳北京ダック博物館

中国語表記:全聚德烤鸭博物馆   

住所:北京市東城区東交民巷44号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-10 15:36:06

北京にある「全聚徳北京ダック博物館(中国語表記:全聚德烤鸭博物馆)」は全聚徳和平門店の七階に構えられて、面積が1000平方メートルです。思えば、こんな地価が高い場所でこんなに広い面積を博物館として使うなんて、老舗の「全聚徳」しかできないでしょう。

 
この博物館の出入り口には、客を迎えているような金色の北京ダックの彫刻と、北京ダックを仕上げるための一連のプロセスの彫刻が見えます。ここのダックは「填鴨(パッケンティンアップ)」という方法を使用して、それをオーブンに吊るまえに、まずは鴨の中に空気を吹いて鴨を膨らまなければなりません。こう仕上げた北京ダックはもっとなめらかで艶を見せるからという。そして焼く前に甘味噌を塗って、24時間干しも干しなければなりません。準備を整えば200℃もある高温オーブンにダックを入れます。オーブンの燃料はよく桃の木を使っています。食べるとき、薄い皮パイとネギと味噌を入れて一緒に食べるのが一般的です。

※写真はイメージです。

アクセス