今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 王致和腐乳科学普及館

王致和腐乳科学普及館

中国語表記:王致和腐乳科学普及馆   

住所:北京市海淀区阜石路41号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-10 15:37:11

「王致和腐乳科学普及館」という中国の伝統的な食べ物「腐乳」の発酵と各種類の腐乳豆製品の歴史に関する知識を系統的に展示する博物館を紹介しましょう。ここでは、展示板やビデオ体験など様々な方法で、この独特な食べ物の歴史と変遷を紹介します。

 
展示館に入ると、王致和氏の物語が目の前に展開します。1669年、安徽省出身の王致和氏が売り切れられなかった豆腐を漬けてみた後、偶然に発酵食品である「臭豆腐」を仕上げました。そのあと彼はこれで事業を起こして、1678年に「王致和南醤園」を立ち上げたという。西太后もその美味しさに舌を巻いたから、「青方」との称号が授けられました。
 
科学普及館には、三百年前であった王致和南醤園の縮小図とした伝統的な作業加工エリアが見られ、そこでは磨き道具、カッター、容器、ろ過器などの道具が置いてあり、臭豆腐を仕上げるための煮込み、つなぎ入れ、ろ過など一連なプロセスを展示しています。

※写真はイメージです。

アクセス