今の位置:一覧 > スポット >  北京市/門頭溝区 > 小龍門森林公園

小龍門森林公園

中国語表記:小龙门森林公园   

住所:北京市門頭溝区109国道清水鎮小龍門林場   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-13 08:53:33

小龍門国家森林公園は北京市門頭溝区の小龍門林場、北京市と河北の最高峰の東、西霊山の間に位置し、平均標高1330メートル、中心部より114キロ。総面積は32668.5ムー。四面は山に囲まれ、青々とした木々は千里も果てしなく続く。縦横の長城の通りと佇んでいる望楼、高い所から眺めると、東霊山と小五台山と対峙している。小龍門国家森林公園は天然の動物園、植物園であり、動物が700種以上で、うちに哺乳類40種以上、鳥類150種以上。植物が844種で、各学校と小学生が植物見学の理想な基地である。園内の沢山の景観が立ち去りたくないほど美しい 。春と秋に、彩る蝶々が舞い上がり、野生の花が咲き誇って、果実がいっぱい。真夏になると、まるで天然のエアコンがついているように涼しい。園内を貫いている109国道でアクセス至便である。園内には野豚、彩る蝶々の標本室、ログハウス、内長城の遺址、拝仏山、谷の冒険エリア、覧翠塔がを堪能できる。それに豊富な森林資源があり、天然酸素バーを形成して「フィトンチッドシャワー」を浴びることができる。

アクセス