今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 中華世紀壇

中華世紀壇

中国語表記:中华世纪坛   

住所:北京市海淀区復興路甲9号   

公式サイト:http://www.worldartmuseum.cn/   

最終更新日時:2018-08-13 14:54:12

中華世紀壇は北京西長安街延長線上にあり、21世紀を迎えるにあたって建てられたものである。今は中華世紀壇・世界芸術館として使用され、中国初の世界芸術品を収蔵、展示、研究対象とした公益国家文化事業機構である。

 
今、中華世紀壇の伝統文化市場は市民の皆さんに様々な民族特色と伝統特色ある製品を用意した。貴州地方ならではの工芸品、酒、手作りバティック、傘紙、扇子や北京民俗を代表する漢宮花、中国結び、香雲包など、漆器手帳、刺繍ノート、刺繍ミニスピーカ、竹定規、取っ手付き中国茶具など中国伝統美学を代表する文化創意製品を取り揃えている。同時に市民のみなさんは市場で切り紙、瓢箪の焼き絵、篆刻、泥塑など無形文化遺産工芸を体験することができる。
 
開放時間:火曜から日曜9:00-17:00(16:00チケット発行終了、16:10入場終了)、月曜(国家法定の祭日を除く)休館。
 
チケット情報:無料。一部の観光スポットと一般展覧は無料公開。個人の身分証明書などの有効な証明書でチケットをもらうことができる。特別展覧やイベントはあらかじめホームページで予約してから世紀壇来た広場の問い合わせセンターにてチケットの購入や交換を行う。
 
アクセス:地下鉄1号線、9号線で軍事博物館下車してすぐ。1、21、68、99、308、320、337、728路バス軍事博物館下車。32、65、78、414路バス玉淵潭南門駅下車。

アクセス