今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 中国紫檀博物館

中国紫檀博物館

中国語表記:中国紫檀博物馆   

住所:北京市朝陽区建国路23番   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-15 11:00:22

中国初の最大規模を誇る「中国紫檀博物館」は、紫檀芸術を収蔵・研究・展示し、また中国伝統的な古典調度品を鑑賞する民間専門博物館で、中国博物館業界の一つの空白を埋めました。

 
中国紫檀博物館本体についても、頗る完璧且つ雄大な工芸品と言えます。25000平方メートルの敷地面積を有するこの博物館は、勢いよく聳えながら細部が巧を凝らし、昔の宮廷風を現しながら現代的デザインにも乏しくない。正門だけは400立方メートル以上の木材を使用し、且つすべてが木構造。門を支える4つの柱は高さ8メートル、幅0.6メートルで、規模とはいい、材質とはいい、北京の古風建築物ではめったにない。五階の本館は煉瓦磨きの目地技術を採用して、隙間がないように仕上げました。1000平方メートル以上の館前広場では、大きな青煉瓦を敷設してから桐油を敷くという皇族しか使わない海漫斗板地面を採用しました。
 
中国紫檀博物館の展覧ホールは9569平方メートルの面積を有しています。同博物館には中央ロビーと陳列ホール、会議場、貴賓ホール、マルチファンクションルーム、仮展覧ホールがあり、ここでは以下さまざまの項目を楽しむことができます。明・清時代の調度品、仏教の文化芸術品、伝統的な調度品材料・外見・構造、彫刻技術。ほかに、以下のような縮小した中国古代建築景観を鑑賞することもできます。皇族の雄大さを悉く表した故宮の「角楼」と紫禁城皇家花園内の「千秋亭」・「万春亭」、320の蛟竜がそれぞれの姿を見せ、その優れる立体彫り・浮彫・透き彫りが世界にも数少なくない山西五台山龍泉寺牌坊、古びる北京の四合院、空に聳える山西飛雲楼、大型の旧北京古城門の建築モデルなど。東方の趣を伝承したこれらの芸術珍品は、いずれも貴重な紫檀木により作られました。

アクセス