今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 仁寿殿

仁寿殿

中国語表記:仁寿殿   

住所:北京市海淀区新建宮門路19番   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-15 15:10:50

「仁寿殿」は頤和園東宮門内に位置し、1750年に建てられ、乾隆清漪園時期には勤政殿と称されています。ここは西太後と光緒が駐園期間中に執政して、祝賀を受けて、外国使節を接見する場所で、頤和園听政区の主な建築物です。乾隆帝の規定によると、庭園の中に設置された事務所は全て勤政殿と呼ぶべきですが、頤和園では仁寿殿と呼ぶのはなぜでしょうか?これも西太後のアイデアだと言われています。

 
西太後は孔子の『論語』の中の「仁者寿」の一文の意味を借りて、勤政殿を仁寿殿に改名しました。仁寿殿は東向きに建っており、七間の広さです。殿前の広い庭には四季に渡って緑色の松の木が植えられ、仮山奇石を積んで、本来は厳粛であるはずの宮殿に庭園の癒しの一部が現れるようにしました。室内の装飾では、仁寿殿の「寿」という字が強調されています。殿内玉座屏風上殿外の周囲の軒の瓦はそれぞれ異なった書き方で精巧に彫られ、字の魅力や趣を尽くされ、「寿」という字は総計412個字にもなっています!
 
仁寿殿の中で最も人々を魅了するものは「石須弥座」にしゃがんでい1匹の銅製怪獣です。竜頭、獅子尾、鹿の角、牛蹄を持ち、そして全身鱗甲をまとっている伝説の中で富貴吉祥を象徴する麒麟です。麒麟は中国古代の伝説の中では吉祥動物で、魔よけと善悪を見分ける腕があり、その造形は人々が想像したもので、さまざまな動物の特徴を集めているため、「四不像」と称されています。仁寿殿の南側から蛇行している道を通ると玉蘭堂の前に至り、美しい湖と山の景色が不意に目の前に現れてきます。これは古代建築で、放る先に収めて、称賛する前に抑えるというもので、造園の手法の典型的なものであり、皇室庭園の追求する理想的な住居環境を十分に表しているのです。

アクセス