今の位置:一覧 > スポット >  北京市/西城区 > 万寧橋

万寧橋

中国語表記:万宁桥   

住所:北京市西城区地安門外   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-15 16:02:48

北京にある万寧橋は元代に建てられ、明代にまた再建されました。そして、橋は俗称「後門」の地安門の北にあるため、別称は「後門橋」になります。元代の古橋は世の移り変わりの激しさが刻まれ、橋の下には全身が鱗に覆われた分水石獣四頭があり、河沿いに「運河埠頭遺跡」という碑も立っています。

 
元々、ここは元代大運河が直接に北京城中心積水潭と繋ぐ埠頭です。万寧橋と銀錠橋は全て単孔漢白玉石アーチ橋だが、万寧橋はもっと大きいです。その長さが20メートルあまりに達して、幅10メートルあまりで、橋の路面が長い石で敷き詰められています。ほかには、橋の両側には漢白玉石欄干があり、蓮の花と宝瓶の図案が彫刻されています。橋下の河道は現在長さ約34.6メートル、幅約17メートル、アーチ高さ約3.5メートルです。橋の東西両側と両側の河岸には、元・明時代の石彫刻した鎮水獣六頭があり、当時の人々はその神獣の力で洪水を鎮める願望を表しました。機能から見ると、万寧橋は橋として、通行できるし、また水門として、推移調整できるから、双重機能のある「橋水門」だと思われます。

アクセス