今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 玉帯橋

玉帯橋

中国語表記:玉带桥   

住所:北京市海淀区新建宮門路19番   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-28 11:16:17

頤和園にある「玉帯橋」の東側の正面真ん中には「玉帯橋」と言う大きな三つの文字を刻まれています。両側にある乾隆皇帝が書いた対聯は、「玉帯橋」周囲の景色を生き生きと描写しています。橋の上に立って美しい西湖を見ると、北西湖内に「治鏡閣」という遺跡があり、西南湖内には「藻鑑堂」という遺跡があります。二つの湖の境には暢堂観光地があります。

 
「治鏡閣」は西南湖の中の島に位置し、乾隆年間に建てられ、本来は円形の城のような大きな建物でした。城は内、外二つの城壁があり、それぞれ4つの門が設けられました。内層には楼閣が建造され、建築のレベルは非常に高いです。週辺には四つの二柱三階の牌楼が建てられました。四方の扁額は方向によって「暉朗東瀛」、「南華秋水」「、爽凝西嶺」、「北苑春山」と題され、水を隔てて周囲の違う風景を眺められます。
 
咸豊十年(1860年)に、英仏連合軍が清漪園を焼却した際、四面は水に囲まれ、万寿山主体建築群から遠い為「治鏡閣」は災難を免れました。しかし、光緒14年(1888年)、西太後は頤和園を築くが資金不足のため、膨大な万寿山と言う宮殿を建てるために「治鏡閣」の煉瓦や木材を取り外し、その結果島が荒れ、今は元の建築のベースだけが残っています。

アクセス