今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 中国伝媒大学

中国伝媒大学

中国語表記:中国传媒大学   

住所:北京市朝陽区定福荘東街1号   

公式サイト:http://www.cuc.edu.cn/   

最終更新日時:2018-09-17 08:53:05

「中国伝媒大学(中国語表記:中国传媒大学)」の南門に入ると、正面に学校のメインビルが見えます。メインビルの前の噴水広場に一つの鼎があり、鼎の下のあるタイルに寄贈者からのメッセージが刻まれています。マスコミ関係な専門が多く、その多くの学生はこれからテレビに出るかもしれないから、ビジュアルはなかなか高レベル。

 
キャンパスを回るだけではなく、中国伝媒大学メディア博物館は異なる角度から中国メディアの歴史の進歩と発展を解明し、文字、写真、実物を通し、そしてマルチメディア、セミパノラマ絵画、パノラマ絵画などの展示手段を応用してメディアの各領域での発展の歴史を分かりやすく紹介します。見学者に形式と内容という二つの面からメディアの魅力と魔力を切実に感じてもらいます。各展示館では見学者が参加できる項目があり、展示の専門性と面白さを兼ね備え、楽しみながらメディア知識を勉強できます。
 
中国伝媒大学の亭子に座り、向こうの渓流が築山に沿って湖へ流れ、シダレヤナギがそよ風にそよいでいるのを見ながら、友達と雑談し、或いは一人で本を読むのは時間を過ごす素晴らしい選択肢です。大閲城を飾っている暗青色の湖はピアノ湖で、空中写真の角度から見れば、湖の左側に白鍵と黒鍵が秩序良く並ばれているピアノの鍵盤をはっきり見えます。

アクセス