今の位置:一覧 > スポット >  北京の老舗

文盛斎

中国語表記:文盛斋   

住所:北京市西城区瑠璃廠東街92号   

公式サイト:なし   

最終更新日時:2018-08-01 09:40:49

「文盛斎」は清・嘉慶時代に創立し、北京の前門外の廊房頭条に位置し、提灯、絵、扇子を作り、販売する老舗であり、その中でも飾りちょうちんは北京でとても有名です。宮灯、紗灯、花灯、壁灯、会灯、年灯、おもちゃの灯などの種類があり、蘇杭の雅扇、手書き壁画などの業務も経営しています。

宮灯の一般的な作り方は堅木で四角形や六角形などのフレームを作り、折り畳みと取り外しが可能で、ランプの各角に房の飾りがつけられ、下に一本の房の飾りがあり、ランプのフレーム中にガラスをはめ込み、ガラスにカラーの漆絵が描かれています。

晚清時代、文盛斎は宮廷、王府のために宮灯を作っていました。ここの紗灯は俗称「文盛斎灯籠」、一般的な作り方は竹や金属でフレームを作り、絹紗を貼り、のりを塗って透明で密閉した灯にし、絹紗に絵を描き、灯の中ではロウソクが燃えています。このような灯は清末と民国初年に王府や立派なお家の前に掛けられ、身分を示す働きもありました。1915年、文盛斎の飾りちょうちんはパナマ・ 太平洋万国博覧会で二枚の金メダルも獲得しました。

北京宮灯の工芸は以下の内容があります。鎪、雕、刻、鏤、燙などがあり、木材の準備から前処理、彫刻、組み立て、張り合わせまであり、バフ磨き処理、蝋引き、塗布、そして絹やガラスを張り、最後に龍頭を差し込み、房の飾りを掛けます。灯を作る木材は広東と広西産のカリン、ダンコウ、紫檀が一番好ましく、梨、棗が後に続きます。彫刻する時は針金で貫き通し、彫刻刀で彫り、針金で隙間の部分をします。今は更に先進的なツールがあり、材料の準備と前処理、カットなどが簡単になったが、彫刻は人の手によって行わなければなりません。

※写真はいめイメージです。





アクセス