今の位置:一覧 > スポット >  北京市/朝陽区 > 北京科挙匾額博物館

北京科挙匾額博物館

中国語表記:北京科举匾额博物馆   

住所:北京市朝陽区高碑店郷高碑店村文化新大街1366号   

公式サイト:北京科挙匾額博物館   

最終更新日時:2019-02-25 14:17:15

北京は八百年もの歴史を誇る「科挙(昔の試験の呼び方)」の中心となる場所。科挙の最高クラスの試験はほとんどが北京で行われ、ここからおよそ250名の状元、5万名近くの進士が生まれ、とても輝かしい記録を残しました。しかし、科挙に関する遺跡は少なく、それを知るルートも極めて少ないのです。

 
北京孔廟元明清進士題名碑以外は、「北京科挙扁額博物館(中国語表記:北京科举匾额博物馆)」しかありません。国学伝統文化の振興を掘り起こすため、人々は科挙に注目するようになりました。「科挙扁額博物館」は数多くの科挙扁額を収蔵しており、状元が書いた扁額や榜眼が書いた扁額があり、探花が書いた扁額もあります。その中で一番悠久な歴史を誇る状元扁額は今から数えて500年前のものです。他にも科挙扁額博物館が収蔵した元の科挙門も一番貴重な一点です。

アクセス