今の位置:一覧 > スポット >  北京市/海淀区 > 中間芸術区

中間芸術区

中国語表記:中间艺术区   

住所:北京市海淀区杏石口路50号   

公式サイト:http://www.insideout-art.com/   

最終更新日時:2019-03-19 09:16:20

賑やかな北京市内から離れ西へ遠く進むと、郊外の西山に隣接する、人影がグンと少なくなる街には建物群があります。それが今回ご紹介する「中間芸術区」です。ここは中間美術館、中間劇場、中間映画館、芸術工坊の四つのエリアが含まれ、それぞれの見所を紹介していきましょう。

 
芸術工坊は外から見ると、真っ黒でどこか堅めのイメージのビルですが、中に入ったら、なんと北京の伝統的な四合院となっています。整列と並ぶ作業ルームのドアはクールな黒でまとまり、銀杏の木がたくさん植えられている庭もあり、毎年秋になるときれいな黄金色となり、この静かな環境に更なる深みを加えます。
 
続いては中間劇場。中に入るまでには長い階段があり、そこで写真を撮る観光客は後を絶えません。劇場で公演などを見なくても、長い階段と青い空を眺めるだけでも気持ちがよくなります。
 
そこからもう少し歩くと、中間芸術館に辿りつきます。中間芸術館の外は浅い池のような作りとなっていて、美術館の正面の大きなガラスが池に投影され、きらきらと輝いてきます。美術館のメイン建築は三階あり、エレベーターに乗っても長い階段を登っても、好きな観覧ルートを選べばいいです。
 
美術館と劇場の間にある露天劇場は最後ご紹介する「中間映画館」です。そこには階数がとても多い階段があり、階段の横にはさまざまな言葉が書かれていて、映画のせりふや深い意味の段落など、例え中国語が分からなくても、文字の力というものはきっと感じられるでしょう。
 
そのほか、中間芸術区の近くには賑やかな商店街もあり、お買い物もグルメも楽しめられ、市内からすこし遠く離れるのですが、興味がある方はぜひ一度訪れてみてください。
 

アクセス