今の位置:一覧 > スポット >  北京市/石景山区 > 北京世界園芸博・中国館

北京世界園芸博・中国館

中国語表記:北京世界园艺博览会·中国馆   

住所:北京市石景山区阜石路159号首鋼体育大厦   

公式サイト:http://www.horti-expo2019.com/   

最終更新日時:2019-05-05 14:57:30

2019年北京国際園芸博覧会が4月29日に北京市・延慶区で開催します。園内には多くのパビリオンが設けられ、それではまずは中国の伝統工芸品「如意」をモチーフにした外観の中国館を見てみましょう。

 
自然と人が調和するコンセプトに基づき、先人の「巣居」や「穴居」などの居住様式の知恵を汲み、今回の北京国際園芸博の見所の一つである中国館は「呼吸できる」かつ「命がある」というグリーン建築に仕上げられました。
 
中国館の大部分が棚田の下にあり、棚田大型覆土という建築構造で保湿と断熱の役割を果たします。また屋上には雨水収集システムもあり、地下にも雨水蓄池が設置され、自然をよく利用して館内の温度を調節します。
 
実は中国館の総規模はあまり大きくなく、総建築面積は2.3万平米ですが、カーブを描く壁や中国伝統的な建築方法を取り入れたため建設難度が高く、一つ一つの難関を乗り越えて二年半を掛けて着工しました。
 
中国館は全体的自然を重視し、中国の園芸ストーリーを物語っています。2019年の春から世界からのお客さんを迎え入れ、きっとみんなもこの美しい建築に魅了されるでしょう。中国館は全体的自然を重視し、中国の園芸ストーリーを物語っています。2019年の春から世界からのお客さんを迎え入れ、きっとみんなもこの美しい建築に魅了されるでしょう。

アクセス