今の位置:一覧 > スポット >  北京市/石景山区 > 北京世界園芸博・植物館

北京世界園芸博・植物館

中国語表記:北京世界园艺博览会·植物馆   

住所:北京市石景山区阜石路159号首鋼体育大厦   

公式サイト:http://www.horti-expo2019.com/   

最終更新日時:2019-05-06 15:49:51

「植物館」は今回の北京国際園芸博において、もともと地下に隠されている植物の「根」の部分の秘密を観覧客に披露し、その視覚的なインパクトを強調するパビリオンとなっています。

植物館の総建築面積はなんと1万平米もあり、そのデザインのコンセプトは「上昇する地平」という。パビリオンの外観は植物の「根」をイメージし、膨大な根がどんどん下へ伸び、その強い生命力を具現化し、より根に込められている強い力を表現し、そこから皆さんを奇妙な旅へと導きます。
 
全部で三階ある植物館では、一階は熱帯植物温室となっており、約3000平米あるスペースの中、600以上の貴重な植物がここで展示されています。その中はまた五つのエリアを分け、植物の多様性関連の展示が見られます。
 
また、ハイテクな技術を使った展示もたくさんあり、植物がいかに自然の中に生き延び、また環境変化に合わせてどんな変化を生まれるかなど、子供も大人も見ていて楽しい展示が特に見所です。
 
上へ進むと、二階は多機能ルームとなっています。ここではテーマごとに展覧会を開催し、植物についてさらに詳しく説明します。また屋上のデザインも一大ポイントで、屋上のテラスにあるカフェやお土産屋で一休みをして、記念として何かを買うにもいい思い出になるでしょう。
 
いかがでしょうか。植物館は「植物の知恵」を通じ、環境保護を呼びかけ、これからみんなが暮らす地球、人類の未来をもう一度考えさせる意義あるパビリオンで、ぜひゆっくりと回り、普段あまり気にしない「植物の人生」について知りましょう。

アクセス