スポット: 名所遺跡 胡同めぐり お寺めぐり 名人故居 博物館&美術館 その他

検索結果: 名所遺跡76

八達嶺長城

中国には「不到長城非好漢」ということわざがあり、それは「万里の長城を登らなければ、立派な男ではない」という意味です。

円明園遺跡公園

「円明園」は北京の西郊の海淀区に位置して、頤和園と隣接しています。康熙四十年(1709年)に建てられ、円明園、長春園、綺春園という三つの園から構成されています。

天壇

「天壇」は、明・清時代の皇帝が天を祭り、雨を乞い、五穀豊穣を願った専用場所で、現存する世界の最大規模、最も完璧に保全された祭祀建造物。

頤和園

頤和園の主な観光地は万寿山、昆明湖から構成され、全園の総面積は3.08平方キロメートル、そのうち約4分の3を湖が占めています。園内には7万平方メートルもの様々な宮殿や庭園、古い建物が現存しています。

九眼楼長城

「九眼楼長城」は正方形で二層になっており、周辺を九つの展望できる狭間があいているがために「九眼楼」という名前で呼ばれています。

雲台

「雲台」は北京・居庸関観光の見逃せないスポットだと言えます。居庸関南関の城楼の北側に立ち、遠くから見るとまるで雲の中にあるという故で、明代に「雲台石閣」というふうに名づけられました。

慕田峪長城

慕田峪長城の歴史と文化を理解し、快適な旅を享受して頂くために、慕田峪長城についてご紹介をさせていただきます。

景山公園

北京市文化財保護地である「景山公園」は元、明、清の三代の皇室の御苑です。北京市街区の中心にある景山公園は北京の古い町における南北を走る主要道路の中心点に位置し、故宮の北側にあります。

什刹海

什刹海は前海、後海と西海の総称である。元に什刹海は積水潭と呼ばれ、明時代に置いても積水潭ないしは敬業湖と呼ばれていました。什刹海と名づけられた理由としては、十軒のお寺があったからと言われています。

諧趣園

「諧趣園」は北京の頤和園の東北角に位置し、江南庭園を模倣する建築です。「諧趣園」は緻密精巧で、頤和園の中でも独特な存在であり、「園の中の園」と言われています。

恭王府

恭王府は乾隆の時代の1776年に「大学士」であった和珅氏のために建てられた邸宅で、230年以上の歴史を持っている。

故宮博物院

「故宮」は1987年にユネスコによって『世界の文化遺産』に登録された。正式名は「故宮博物院」、または「紫禁城」。現存する世界最大の木造建築群である。

長峪城民俗村

「長峪城民俗村」は北京市・昌平区流村鎮の西北に位置し、昌平衛星城から54キロぐらい離れています。

北海公園

「北海公園」は千年の歴史を持つ皇家庭園です。北京の中心部に位置し、東側は中軸線の最も高いところ、景山です。西側は国立図書館の分館に隣接し、北側は什刹海という観光地と繋げています。

前門歴史文化展示区

「前門歴史文化展示区」は北京の中軸線の南側に位置し、世界的に有名な天安門広場、故宮博物院、天壇などの名所旧跡に隣接しています。

銀錠橋

橋の両端に立つと、北京西山の美しい景色を満喫することができますので、ここでの景色は「銀錠観山」と呼ばれています。

薊門煙樹

薊門煙樹は西直門の北にある元大都城の城壁遺跡の西段を指す。

盧溝曉月

蘆溝橋とも呼ばれる盧溝橋は北京市の南西の約15キロの豊台区永定河にある。

金台夕照

金台、即ち黄金台のことである。元々は紀元前3世紀に燕昭王が賢者を礼遇するために築く土台で、上には千金が置かれて天下の名士を招致する。

瓊島春陰

瓊島春陰は北海白塔山の東、倚晴楼の南にある。清の乾隆十六年に建碑し、碑の上には特色の蓋があり、四角い形をしている。

< 1 2 3 4>