スポット: 名所遺跡 胡同めぐり お寺めぐり 名人故居 博物館&美術館 その他

検索結果: 名所遺跡 西城区19

什刹海

什刹海は前海、後海と西海の総称である。元に什刹海は積水潭と呼ばれ、明時代に置いても積水潭ないしは敬業湖と呼ばれていました。什刹海と名づけられた理由としては、十軒のお寺があったからと言われています。

大観園

北京にある「大観園」は中国の代表的な名著『紅楼夢』の描写に沿って建てられた中国風園林で、元々明・清時代の王家農園で、明はかつてここで「嘉疏署」を設けていたそうです。

景山公園

北京市文化財保護地である「景山公園」は元、明、清の三代の皇室の御苑です。北京市街区の中心にある景山公園は北京の古い町における南北を走る主要道路の中心点に位置し、故宮の北側にあります。

恭王府

恭王府は乾隆の時代の1776年に「大学士」であった和珅氏のために建てられた邸宅で、230年以上の歴史を持っている。

北海公園

「北海公園」は千年の歴史を持つ皇家庭園です。北京の中心部に位置し、東側は中軸線の最も高いところ、景山です。西側は国立図書館の分館に隣接し、北側は什刹海という観光地と繋げています。

銀錠橋

橋の両端に立つと、北京西山の美しい景色を満喫することができますので、ここでの景色は「銀錠観山」と呼ばれています。

瓊島春陰

瓊島春陰は北海白塔山の東、倚晴楼の南にある。清の乾隆十六年に建碑し、碑の上には特色の蓋があり、四角い形をしている。

太液秋風

北海と中南海は金の離宮で、金章宗が指定した燕京八景の「太液秋風」は金中都西苑内の太液池を指すため、西華潭とも称する

正乙祠戯楼

「正乙祠戯楼」は北京の和平門の南にあり、北京で京劇を上演するための最も有名な「戯楼(芝居を演じる場所)」の一つです。

北京陶然亭公园

北京の西城区にある「陶然亭公園」は1952年に開園した公園です。

天橋

かつて「龍の鼻」として中軸線を守り、龍須溝を跨った「天橋」は消えてからの80年後、2013年12月に再び人々の注目を集めました。

北京坊

「北京坊」は大柵欄歴史文化保護区の東北側に位置し、天安門から約800メートル、東西は煤市街から珠宝市街まで、南北は西河沿街から廊房頭条までです。

九竜壁

乾隆21年、即ち西暦1756年に建てられた「九竜壁」は、260年の歴史があります。

先農壇

「山川壇」とも称される「先農壇」は、明の永楽18年(1420年)に創建された。

万寧橋

北京にある万寧橋は元代に建てられ、明代にまた再建されました。

帝王廟

歴代帝王廟は帝王廟と俗称され、北京の西城区の阜成門内通りの北側にあります。

鉄影壁

700年の歴史を持つ「鉄影壁」は、歴史的価値が高いです。

宣武門天主堂

宣武門天主堂は北京市西市街西大通141号に位置し、南堂と俗称され、北京初の天主教教会であり、1605年に建てたものである。

西什庫天主堂

西什庫天主堂、「救世主教会堂」も呼ばれる。この教会堂は北京市西城区西什庫大街33号にある天主教堂である。