司馬台長城

北京市中心部から北東約120kmの所にある司馬台長城は険しい山の上に築かれている。高所で起伏の激しい急斜面に築かれ、馬ごと落ちて死ぬ人も多く「死馬台」とも呼ばれた。

名所旧跡
  • TEL:

    010-81009999
  • ベストシーズン:

    5月-10月

基本情報

司馬台長城

 北京市中心部から北東約120kmの所にある司馬台長城は険しい山の上に築かれている。高所で起伏の激しい急斜面に築かれ、馬ごと落ちて死ぬ人も多く「死馬台」とも呼ばれた。後に、同じ発音の「司馬台」が定着したとの説がある。

 司馬台部分は、最初は北斎時代(550年-577年)の時建てられた。明の時代に再建と拡大をした。現代観光できる部分はほぼ明の時代の長城である。司馬台長城はあえてあまり修復されていない司馬台長城は、明代の風格を残す唯一の部分であり、ユネスコに「原始的な万里の長城」に指定されている。また、司馬台は唯一の平日の夜もオープンとなっている長城である。

 司馬台ダムは、長城司の司馬台部分を東と西の2つの部分に分けた。東側には16の塔楼があり、西側には23の塔楼がある。観光客がうまく通れるために、ダム湖の上にはケーブルが掛けられている。司馬台の西側の山脈の傾斜は穏やかですが、東部分の山は険しい。司馬台の東部分の壁は非常に奇妙で、「天梯」と「天橋」と名づけられたところは、峠でもっとも険しくてとても注目を浴びている。また、東部の頂上には、最も有名な敵の建物が2つある。それは、「仙女楼」と「望京...

続きを読む
司馬台長城

 北京市中心部から北東約120kmの所にある司馬台長城は険しい山の上に築かれている。高所で起伏の激しい急斜面に築かれ、馬ごと落ちて死ぬ人も多く「死馬台」とも呼ばれた。後に、同じ発音の「司馬台」が定着したとの説がある。

 司馬台部分は、最初は北斎時代(550年-577年)の時建てられた。明の時代に再建と拡大をした。現代観光できる部分はほぼ明の時代の長城である。司馬台長城はあえてあまり修復されていない司馬台長城は、明代の風格を残す唯一の部分であり、ユネスコに「原始的な万里の長城」に指定されている。また、司馬台は唯一の平日の夜もオープンとなっている長城である。

 司馬台ダムは、長城司の司馬台部分を東と西の2つの部分に分けた。東側には16の塔楼があり、西側には23の塔楼がある。観光客がうまく通れるために、ダム湖の上にはケーブルが掛けられている。司馬台の西側の山脈の傾斜は穏やかですが、東部分の山は険しい。司馬台の東部分の壁は非常に奇妙で、「天梯」と「天橋」と名づけられたところは、峠でもっとも険しくてとても注目を浴びている。また、東部の頂上には、最も有名な敵の建物が2つある。それは、「仙女楼」と「望京楼」である。

 また、司馬台長城の下にある古北水郷リゾートには、いくつかの五つ星ホテルがあって、夜の散歩が終わったあと、ここで温泉、マッサージなどを楽しむことができる。

写真
関連速報
おすすめ続きを読む
住所: 北京市密雲区古北口鎮司馬台北

このサイトについて|お問い合わせ|ビジネス相談

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved