河北省

河北省の省都・石家荘、雲崗石窟で知られる大同、清朝の夏の離宮があった承徳など、北京周辺には足を延ばしてみたい魅力的な場所が点在しています。

天津市

悠久の時の流れを感じさせるクラシックな建造物、フォトジェニックでモダンなランドマーク、伝統といまを感じる中国・天津への旅で、お気に入りを見つけましょう。

  • 日帰り
  • 1泊2日
  • 2泊3日
  • 3泊4日
  • 4泊5日
初日

ルート:国旗掲揚式>故宮見学>前門大街。朝に天安門広場の国旗掲揚式を見るのは北京観光の定番です。故宮は古く紫禁城と呼ばれており、600年の歴史を経ております。昼間一日見学し、まだ力が残っていれば前門大街もしくは王府井を散歩すると良いでしょう。

初日

ルート:長城見学。万里の長城は中国の重要な地理及び文化の代表であり、中華民族精神の象徴です。北京地域の長城は北斉に建造が始まり、明朝に大規模修繕されています。

2日目

ルート:オリンピック公園>王府井。オリンピック公園は都市の伝統中軸線の延長上に在り中国千年の歴史文化の継続を意図しており、王府井地区は北京市東城区に属し、悠久の歴史があります。

初日

ルート:頤和園>円明園。隆盛を誇った中国王朝の史跡が点在する頤和園と円明園」の観光に行きましよう。頤和園は中国庭園の造園基準を高度に体現したものです。円明園は清王朝時代に作られた離宮のひとつで、アヘン戦争の時に破壊されました。

2日目

ルート:天安門広場>中国国家博物館。500年以上の風雨を経て、天安門広場は歴史を目の当たりにしてきました。天安門広場は、今でも世界最大の広場です。天安門広場の東側に位置する中国国家博物館も約20万平方メートルを占める世界最大級の博物館です。

3日目

ルート:什刹海>南鑼鼓巷。什刹海は西海、後海、前海の三つの水域で構成されており、京杭大運河の北端の終点であります。昼間に什刹海を散歩し終わり、夜まだまだ歩けれるようであれば北京で最も人気のある胡同――南鑼鼓巷を散歩すると良いでしょう。

初日

ルート:天安門広場 > 故宮 > 北海公園 > 南鑼鼓巷 > 後海。北京には歴史が長い観光名所から、最近流行りになってくるスポットなど、見所が満載!その中から、まずはアクセスが便利な必見スポットから回って見ましょう。

2日目

ルート:頤和園 > 清華大学 > 北京大学。中国の学生の間でひそかブームになっているのはキャンパス旅。特に北京の名門大学のキャンパスは歴史的にも景色的にも見所がいっぱいあるので、ぶらっとその周辺の雰囲気を体験してはいかがでしょう。

3日目

ルート:円明園 > 鳥の巣 > 798芸術エリア。オリンピックのメイン会場である「鳥の巣」から、世界から注目されるアートエリアの「798」まで、北京の新しい一面を発見しましょう。

4日目

ルート:中国国家博物館 > 東交民巷 > 前門大街。北京旅行の一番の醍醐味はその伝統ある市井の町並みだと思われる方がたくさんいます。そんな北京の町「胡同」を回ってから旅を締めましょう。

初日

ルート:天安門広場 > 故宮 > 景山公園 > 什刹海。初日は北京の定番スポットから回りましょう。また、疲れてきたら、北京を代表するグルメの「北京ダック」などを食べてまた元気一杯になりましょう。

2日目

ルート:天壇公園 > 前門大街 > 中国国家大劇院 > 西単。北京の名所遺跡を一通りぐるっと回った後、昔の北京の雰囲気を漂う有名なストリートに行くのはお勧めです。ついでに劇場でアートな北京も体験しましょう。

3日目

ルート:八達嶺長城 > 明十三陵。北京の旅はいよいよ三日目を迎えます。この日はすこし市内から遠くに行って、北京観光といったら欠かせない二つのスポットに行ってみましょう。体力はかなり使うため、十分に準備をして休憩をしなければなりません。

4日目

ルート:798芸術エリア > 三里屯。前日の疲れを癒すため、四日目はすこしペースダウンをしましょう。北京有名なアートエリアである「798」にあるギャラリーでさまざまな作品を見てから、有名なおしゃれな「三里屯」でグルメとショッピングを楽しみましょう。

5日目

ルート:頤和園 > 円明園 > 北京大学 > 清華大学。北京五日旅、いよいよ最後の日となります。この日は移動距離を減らし、風景優美な頤和園で歴史ある皇室園林を楽しんだ後、近くにある名門校をまとめてみましょう。

このサイトについて|お問い合わせ|ビジネス相談

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved