丫髻山

「丫髻山」は中国華北地方の道教の聖地であり、北京市・平谷区劉家店に位置し、海抜は368メートル、中にある古建築の総面積8404平方メートルにも達します。高く立ちそびえる二つの山が昔の女の子がよくしていた髪型に似ていることからこう名付けられ、また「金頂」、「畿東泰岱」、「近畿福地」など幾多の美名もあります。

名所旧跡
  • TEL:

    (010)61972535

基本情報

丫髻山

 「丫髻山」は中国華北地方の道教の聖地であり、北京市・平谷区劉家店に位置し、海抜は368メートル、中にある古建築の総面積8404平方メートルにも達します。高く立ちそびえる二つの山が昔の女の子がよくしていた髪型に似ていることからこう名付けられ、また「金頂」、「畿東泰岱」、「近畿福地」など幾多の美名もあります。

 丫髻山にある「碧霞元君祠」は既に1300年以上の歴史もあり、唐の時代の初期に建てられ、明の時代から皇室に重んじ始めました。「敕賜護国天仙宮」などの扁額が授けられ、清の康熙・乾隆などの皇帝も何度もここ丫髻山を訪れ、参拝したという。特に清の康熙帝より、丫髻山は皇室の家廟とされ、「近畿福地」の名も授かりました。

続きを読む
丫髻山

 「丫髻山」は中国華北地方の道教の聖地であり、北京市・平谷区劉家店に位置し、海抜は368メートル、中にある古建築の総面積8404平方メートルにも達します。高く立ちそびえる二つの山が昔の女の子がよくしていた髪型に似ていることからこう名付けられ、また「金頂」、「畿東泰岱」、「近畿福地」など幾多の美名もあります。

 丫髻山にある「碧霞元君祠」は既に1300年以上の歴史もあり、唐の時代の初期に建てられ、明の時代から皇室に重んじ始めました。「敕賜護国天仙宮」などの扁額が授けられ、清の康熙・乾隆などの皇帝も何度もここ丫髻山を訪れ、参拝したという。特に清の康熙帝より、丫髻山は皇室の家廟とされ、「近畿福地」の名も授かりました。

写真
関連速報
おすすめ続きを読む
住所: 北京市平谷区劉家店鎮北吉山村北吉山大街39号

このサイトについて|お問い合わせ|ビジネス相談

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved