天門山国家森林公園

天門山国家森林公園の主な景観である「天門洞」(別名:扁担眼)は、約1億2000万年前に形成され、標高が800メートルを超え、高さが約60メートル、幅は約40メートルである。

名所旧跡
  • TEL:

    (010)60864249

基本情報

天門山国家森林公園

 天門山国家森林公園の主な景観である「天門洞」(別名:扁担眼)は、約1億2000万年前に形成され、標高が800メートルを超え、高さが約60メートル、幅は約40メートルである。伝説によれば、二郎真君が海を埋める際に天びん棒を利用する際のホールだと言われている。現在は密雲ダムを見る絶好の時期であり、天門山も密雲ダムを観光する最もいい場所である。

写真
関連速報
おすすめ続きを読む
住所: 北京市門頭溝区潭柘寺鎮南辛房村

このサイトについて|お問い合わせ|ビジネス相談

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved