中国航空博物館

レベル: AAAA
博物館&美術館
  • TEL:

    010-61784882
  • ベストシーズン:

    一年中
  • 所要時間:

    1日
  • 料金情報:

    一般入場:無料
    飛行機庫展示ホール:20元
    総合展示ホール:20元 一般入場:無料
    飛行機庫展示ホール:20元
    総合展示ホール:20元
  • 営業時間:

    8:00-16:00(月曜定休)

基本情報

中国航空博物館

 中国航空博物館は北京の昌平区にある大湯山の麓に位置し、中国初の航空をテーマにした博物館であります。 面積が700,000平方メートル以上に登り、270機以上の飛行機、99点の国家級の文物である飛行機及び約10,000件の航空に関するコレクションが保存されています。中国航空博物館は、科学、教育と観光を統合した国家級の博物館であり、今の時点では世界で五番目大きい航空博物館です。中国航空博物館は1989年11月に一般公開されました。博物館広場の中心に「天魂」という記念碑が立てられています。その記念碑は泰山から採掘されてきた黒い花崗岩を原料として作成されました。

 中国航空博物館は敷地面積が50ヘクタール以上に登り、飛行機庫展示ホールと露天展示ホールという2つの展示ホールがあります。露天展示ホールは、世界初のターボプロップエンジンを搭載した英国製「子爵」という輸送機を代表として、世界各国で製造された各種の飛行機を中心に展示しています。また、館内には「エンジンシリーズ展」、「毛沢東主席専用飛行機展」などの展示会があります。中国航空博物館は100種以上の飛行機があり、地対空やレーダーなどの展示品も...

続きを読む
中国航空博物館

 中国航空博物館は北京の昌平区にある大湯山の麓に位置し、中国初の航空をテーマにした博物館であります。 面積が700,000平方メートル以上に登り、270機以上の飛行機、99点の国家級の文物である飛行機及び約10,000件の航空に関するコレクションが保存されています。中国航空博物館は、科学、教育と観光を統合した国家級の博物館であり、今の時点では世界で五番目大きい航空博物館です。中国航空博物館は1989年11月に一般公開されました。博物館広場の中心に「天魂」という記念碑が立てられています。その記念碑は泰山から採掘されてきた黒い花崗岩を原料として作成されました。

 中国航空博物館は敷地面積が50ヘクタール以上に登り、飛行機庫展示ホールと露天展示ホールという2つの展示ホールがあります。露天展示ホールは、世界初のターボプロップエンジンを搭載した英国製「子爵」という輸送機を代表として、世界各国で製造された各種の飛行機を中心に展示しています。また、館内には「エンジンシリーズ展」、「毛沢東主席専用飛行機展」などの展示会があります。中国航空博物館は100種以上の飛行機があり、地対空やレーダーなどの展示品もあり、飛行機の歴史変遷を観光客にゆっくりと述べています。このような大規模な航空博物館は世界でも珍しいです。

写真 続きを読む
関連速報
おすすめ続きを読む
住所: 北京市昌平区小湯山鎮航空博物館

このサイトについて|お問い合わせ|ビジネス相談

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved