ホテル: 中国風ホテル ホステル 高級ホテル

検索結果: ホステル9

北京雍和宫四合院ホテル

「雍和宫四合院ホテル」は北京にある三つ星ホテルです。このホテルは北京の古い家屋「四合院」を改造して作ったから、百年以上の歴史も持つ建物には随所歴史の痕跡が窺えます。

ザ・レオホステル

天安門広場から500メートル、北京の有名繁華街「大栅栏胡同」は毎日のようににぎやかで観光客が行き交う。その中には一つのユースホステルがある。それがザ・レオホステル(阿来客棧 )だ。

ホステル「ゆず」

「西柚」とは「ゆず」の意味。その名前通り、さわやかな色合いがとても印象的。中に入ったらまた落ち着いてアットホームな雰囲気で、コストパフォーマンスもよく、特に北京観光をしに来る中国の若い世代と外国人には人気です。

北京圈子国際ユースホステル

「北京圈子国際ユースホステル」は北京の西部にあるホステルです。有名な故宮、天安門広場など北京中心部の観光地には離れていますが、ショッピングエリア「西単」には近く、地下鉄の「西単駅」はすぐそばにあります。

瓦当旅舎

優しくて温かい雰囲気が漂うここ瓦当旅舍には、世界各地の人と一緒にドミトリールームで泊まり、バックグランドが異なる旅行者とコミュニケーションが取れることもその魅力の一つです。

前門客桟

「前門客桟」は北京市・西城区の胡同保護区の中心部にあるユースホステルです。

桃葉谷

川のそばの桃葉谷では、家屋が立ち並び、石でできた壁や瓦、木製の柵、昔ながらの木造住宅は従来の北京風四合院建築のイメージに拘らずに、どこか自然が感じられるような雰囲気が漂います。

砲局工廠

さらに嬉しいことに、砲局工廠が位置する胡同は下町の雰囲気が濃厚で、そこに住んでいるほとんどの人が現地の人なので、ホステルから出てぶらりと散歩して、生粋な北京っ子の日常生活も体験できます。

先生の庭

北京市・延慶区の古い村「小観頭村」には、学者気質と文芸的な雰囲気に満ち溢れる民宿があります。その名は「先生の庭(中国語表記:先生的院子)」という。