スポット: 名所遺跡 胡同めぐり お寺めぐり 名人故居 博物館&美術館 その他

検索結果: 朝陽区36

鳥の巣(国家体育場)

「鳥の巣」は北京オリンピック公園の中心エリアの南部に位置し、2008年北京オリンピック大会のメイン会場として有名です。

観復博物館

北京郊外にある「観復」博物館は中国初のプライベート博物館で、有名なコレクター馬未都さんが立ち上げました。

751D・パーク

北京にはコスプレヤーにうれしい場所があります、それが今回紹介したい「751Dパーク」です。

北京オリンピック公園

オリンピック公園は、2008年に開催された北京オリンピックと北京パラリンピックの会場となった総合運動公園で、全体の44%の施設が公園に集中しています。

金台夕照

金台、即ち黄金台のことである。元々は紀元前3世紀に燕昭王が賢者を礼遇するために築く土台で、上には千金が置かれて天下の名士を招致する。

国家動物博物館

国家動物博物館は中国のみならず、アジアで最大の動物博物館で、最高水準の研究レベルと最強の総合力を持つ動物系の分類及び進化の研究センターである。

朝陽公園

「朝陽公園」は北京の市内の繁華街とは近く、朝陽区に位置し、この朝陽区には多くの芸能人や有名人が住む地域として有名です。

団結湖公園

団結湖公園は北京・朝陽区の東三環路の東側に位置する公園です。

紅磚美術館

「紅磚美術館」は北京の朝陽区東北部にある大型アートゾン。

UCCA(尤倫斯当代芸術センター)

UCCA(尤倫斯当代芸術センター)は北京有名なアートパーク「798」に位置し、2007年にオープンして以来、国内外のアーティストと連携し、アートの魅力を多くの人に伝えた。

紅門画廊

中国最初の現代芸術ギャラリーとも言える「紅門画廊」は1991にオープンした。

星 空間

「星 空間」は2005年にオープンしたギャラリー。

ウォーターキューブスイミングクラブ

「ウォーターキューブスイミングクラブ」はさらにオリンピック会場のブランド価値を開発し、ウォーターキューブプール業務を統合し、市民トレーニングに力を注ぎ、新たな役割を果たすようになりました。

英東水泳場

「英東水泳場」はまるで大きなガーデンのような国家オリンピック体育センターに位置しており、1986年第11回アジア競技大会のために建てられたものです。

富国海底世界

北京工人体育場にある「富国海底世界」は中国とニュージーランドによって建てられた北京最初の五つ星海洋水族館です。

中国科学技術館

中国科学技術館は中国唯一の国家級総合科学技術館です。

国家会議センター

北京国家会議センターは、オリンピックパークの敷地内にあります。

水立方嬉水楽園

北京の水泳センターのプールはたくさんの新しい設計を導入しています。

中央美術学院美術館

当美術館は著名な日本建築家・磯崎新によって設計されたものです。

鳳凰国際伝媒センター

鳳凰国際传媒センターは朝陽公園の西南側に位置し、テレビ番組制作、オフィス、ビジネスなど含まれる包括的な建物であります。

< 1 2>