スポット: 名所遺跡 胡同めぐり お寺めぐり 名人故居 博物館&美術館 その他

検索結果:237

北京画院美術館

同時に百人以上対応できる同時通訳レポートホール、各種中小会議室、異なる装飾雰囲気の高級VIP室と超大型作画できるアトリエ室を構え、各種学術交流イベントを開催できます。

元典美術館

元典美術館の展覧は芸術家の芸術創作に専念し、同時に芸術と哲学、建築、音楽、舞踊、文学などクロスオーバーの実験イベントと討論を重視しています。

雲瀑溝

冬の雲瀑溝は、川の流れと滝が巨大な氷柱に凝結し、透き通っていて輝いている氷のカーテンのような「アイスフォール」となり、ありとあらゆる姿のアイスフォールがきらきらと輝いている氷の世界を作り出します。

桃源仙谷

北京の桃源仙谷の氷景色は名が通ります。桃源仙谷風景区に入ると、氷と雪の世界に来たようで、氷のかけら、アイスフォール、氷の洞窟がどこでも見られます。

龍慶峡

北京の延慶区は冬になると、いつも雪を楽しんで「氷灯」を見るのに良い場所です。

中間芸術区

ここは中間美術館、中間劇場、中間映画館、芸術工坊の四つのエリアが含まれ、それぞれの見所を紹介していきましょう。

玉淵潭公園

毎年三月と四月の時期になると、白い雲をバックに咲き盛りのさくらはまさに春の風物詩と言えましょう。

方家胡同46号

もともと工場の跡地だった場所をリフォームして作ったここ「方家胡同46号」、北京の環状線の二環内にあるというアクセスの便利さによって観光客の間で人気を博しています。

府学胡同

府学胡同は北京の東四と南鑼鼓巷に挟まれ、普段はそれほど目立たないかもしれないのですが、ゆっくり散策してみると、けっこう見所が多く、気になります。

华熙LIVE•五棵松

「华熙LIVE•五棵松」は五棵松スタジアム、Mスペース、HI-PARKバスケットボール公園、五棵松文体広場およびHi-up、HI-ICEの氷上運動センターなどさまざまの施設によって構成されています。

草場地芸術区

「草場地芸術区(中国語表記:草场地艺术区)」は北京市・朝陽区の崔各郷の草場地村にあるアートスポットです。

中国油絵院

「中国油絵院(中国語表記:中国油画院)」はあまり広くないのですが、写真撮りにはぴったりなスポットです。

北京世界園芸博・中国館

中国館の総規模はあまり大きくなく、総建築面積は2.3万平米ですが、カーブを描く壁や中国伝統的な建築方法を取り入れたため建設難度が高く、一つ一つの難関を乗り越えて二年半を掛けて着工しました。

北京世界園芸博・国際館

「国際館」は今回の北京国際園芸博において、世界各国及び国際組織の室内兼室外展蘭会、また国際園芸コンテストの場として役割を果たします。

北京世界園芸博・植物館

「植物館」は今回の北京国際園芸博において、もともと地下に隠されている植物の「根」の部分の秘密を観覧客に披露し、その視覚的なインパクトを強調するパビリオンとなっています。

北京世界園芸博・生活体験館

019北京国際園芸博では、観光客に美しい風景を楽しませる、そして中国の伝統園芸文化と新しい園芸技術が分かりやすく体験できるために設けられた特別なパビリオンは今回ご紹介する「生活体験館」です。

北京世界園芸博・演芸センター

2019北京国際園芸博の開幕式、閉幕式などのメイン会場として使われる「演芸センター」、何年前そのデザイン図が発表する時点からもう注目され、独特な「蝶々の翼」という構造が人々の目を奪われます。

<1... 7 8 9 10 11 12>