スポット: 名所遺跡 胡同めぐり お寺めぐり 名人故居 博物館&美術館 その他

検索結果:242

恭王府

恭王府は乾隆の時代の1776年に「大学士」であった和珅氏のために建てられた邸宅で、230年以上の歴史を持っている。

煙袋斜街

煙袋斜街は北京で長い歴史を持つ胡同の一つ。北京市の地安門大通りにある鼓楼の前に位置し、幅は5メートルから6メートルで、全長も232メートルと、あまり規模が大きいものではない。

帽児胡同

帽児胡同は北京・東城区の西北部にある胡同で、南鑼鼓巷と地安門大街を繋いでいる。

國子監街

国子監街(国子監胡同とも呼ばれる)は、北京・東城区の安定門にある胡同で、雍和宮大通りと安定門大通りを東西に結ぶ幅11メートル、長さ669メートルの道。

琉璃廠

琉璃廠というのは、字面だけを見ると瑠璃工場のこと。そこで勘違いし、セメントやレンガを作る工場だと思われる人も多いだろう。だが、実はここには工場と大きく違い、文房四宝(硯、墨、筆、紙)や書画、陶磁器などを専門に扱う高級な店ばかりが立ち並んでいる。

金魚胡同

金魚胡同は、北京・東城区の灯市口大通りの南側に位置する。東単北大街にある入り口から入り、出口は王府井大街と繋がっている。

東交民巷

東交民巷は北京・東城区に位置し、全長1552メートルで、北京にある最も長い胡同として知られている。

西交民巷

西交民巷は北京の西城区の東に位置し、天安門広場と東交民巷と隣接する。

菊児胡同

菊児胡同は北京東城区の西にある胡同で、南大街と南鑼鼓巷を繋いでいる。

八大胡同

「八大胡同」は名前通り、実は八つの胡同の総称である。西から東へ順番に数え、百順胡同、臙脂胡同、韓家胡同、陝西巷、石頭胡同、王広福斜街(今は棕樹斜街と呼ぶ)、朱家胡同、李紗帽胡同(今は小力胡同と呼ぶ)の八つの胡同が「八大胡同」を構成している。

故宮博物院

「故宮」は1987年にユネスコによって『世界の文化遺産』に登録された。正式名は「故宮博物院」、または「紫禁城」。現存する世界最大の木造建築群である。

長峪城民俗村

「長峪城民俗村」は北京市・昌平区流村鎮の西北に位置し、昌平衛星城から54キロぐらい離れています。

北京地下鉄の基本情報

北京で旅行するなら地下鉄を主な交通手段にすることをお勧めします。地下鉄は四方八方に通じており、ほとんどの観光スポットにたどり着くことができ、一番便利で効率的な北京の交通手段です。

北海公園

「北海公園」は千年の歴史を持つ皇家庭園です。北京の中心部に位置し、東側は中軸線の最も高いところ、景山です。西側は国立図書館の分館に隣接し、北側は什刹海という観光地と繋げています。

前門歴史文化展示区

「前門歴史文化展示区」は北京の中軸線の南側に位置し、世界的に有名な天安門広場、故宮博物院、天壇などの名所旧跡に隣接しています。

銀錠橋

橋の両端に立つと、北京西山の美しい景色を満喫することができますので、ここでの景色は「銀錠観山」と呼ばれています。

宋慶齢故居

元々「宋慶齢故居」は醇親王府裏庭の一部でした。宋慶齢は1963年に故居に引越しました。

北京オリンピック公園

オリンピック公園は、2008年に開催された北京オリンピックと北京パラリンピックの会場となった総合運動公園で、全体の44%の施設が公園に集中しています。

オリンピック森林公園

オリンピック森林公園は北京の中軸線の北端に位置します。敷地面積は約680ヘクタールで、すべて人工で造られました。

薊門煙樹

薊門煙樹は西直門の北にある元大都城の城壁遺跡の西段を指す。

< 2 3 4 5 6 7...13>